読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモールりんくう泉南店 シマブロ

島村楽器 イオンモールりんくう泉南店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

またまたバンドインタビューしました!【THE BLACK RHINOS】

皆様こんにちはー!

よくお店に来て下さるお客様から「赤木さん、ブログ書くの好きなんですね!」と最近言われた赤木です。
お察しの通り好きなんです、ええ。笑

いやー梅雨ですね、完全に。
最近はまた晴れた日もありますが、読めない天気模様です。

さてタイトルにありますバンドインタビューと言えば、島村楽器泉南オヤジバンドパラダイスショップライブ・エリアライブにご参加頂き、日頃から仲良くして下さっているyabASHC.R.P.の2バンドを対象に以前行わせて頂き、大変ご好評を頂きました!

sennan.shimablo.com

sennan.shimablo.com

sennan.shimablo.com

sennan.shimablo.com

そして今回またまたバンドインタビューをさせて頂きました!
その対象となるのは…
6/26(日)島村楽器泉南にて行われました、第1回HOTLINE2016ショップオーディションに参加して頂いたバンド、THE BLACK RHINOS(ザ・ブラック・ライノス)です!

THE BLACK RHINOSとは…?

f:id:shima_c_sennan:20160630213554j:plain

現在主に心斎橋付近でライブを中心とした活動を繰り広げる、3ピースロックバンド
Gt.&Vo.鈴木政人(すーさん)
Ba.萬田GIN(GINちゃん)
Dr.関矢賢人(ケンちゃん)
の3名で構成されております!
メンバーさんがよくお店に来て下さっていて、そして赤木もよくお仕事終わりにライブに行かせて頂いています!
また先日6/11(土)に記念すべきレコ発ライブが行われ大盛況の様子でした!(スタッフ赤木もこっそり行きました!)

f:id:shima_c_sennan:20160630215141j:plain
f:id:shima_c_sennan:20160630215158j:plain

くーかっこいいですね!僕もテンション上がってました!
そんな今アツいバンド、ライノスに今回バンド取材・インタビューさせてもらった次第であります!

HOTLINEライブ終了

ショップオーディションライブが終わり、見に来ていたお客さんとの撮影会も終わり…
f:id:shima_c_sennan:20160630224852j:plain

あ、ショップオーディションライブの当日の様子はこちらをご覧になって下さいね!

赤木「さて、そろそろインタビュー始めさせてもらってもいいですかー?」

f:id:shima_c_sennan:20160630225144j:plain

メンバー一同「お願いします!」

赤木「えっはい(どん引き)

そう、ライノスはこんな感じの元気っ子バンドなんです!笑

スタッフの赤木も圧倒されてます。

そして場所はスタジオに移動し…

インタビュー

赤木「いやーまずHOTLINEショップライブお疲れさまでした!出演されてどうでしたか?」

鈴木氏「お疲れさまでした!いやー俺ら下手くそすぎやろ、ってのが一番の感想です(笑)」

萬田氏「ほんまそれや。気持ちだけで技術が追い付かんかった。(笑)」

鈴木氏「%で表すなら…気持ち93%、技術7%みたいな感じでした。笑」

赤木氏「僕はスタジオの中で見ることできなかったんですが…そんなにですか?笑」

鈴木氏「途中で切れるし、ボーカルは音程外れていくのが自分でも分かりましたし…」

赤木「ありゃー、切れるのは悲惨ですね…」

鈴木氏「まあ僕らのスタンスとしては、音楽としてのクオリティというよりは僕らも楽しむんでお客さんも楽しんでねっていう感じなんで、楽しんでもらえてたら何よりなんですけどね。」

赤木「なるほどなるほど。じゃあここからのライノスの活動やライブに関して意気込みや目標があれば教えて下さい!」

鈴木氏「さっきも言ってたんですけど僕らのバンドは聴いて下さい!というよりかは一緒に楽しみましょう!ってスタンスなので、これからもっと色んな経験を積んでいってそうなっていきたいですね。」

萬田氏「いわゆるライブバンドになっていきたいですね!」

関矢氏「わかるわかる。」

赤木「ありがとうございます!そんなライノスですが、バンド結成のきっかけなどあれば教えて下さい!」

鈴木氏「僕、実は大阪のとあるスタジオで働いているんですがドラムのケンちゃん(関矢氏の愛称)はもともとそこのスタジオのお客さんだったんですよね。僕もケンちゃんも別々のバンド組んでいたんですが、2人とも自分のバンドに対して何か違うな…って悩みを抱えてたんです。メンバーとの温度差っていうか。それで2人でスタジオ入ってみるかって話にもなったんですが、まあそうなるとベーシストが欲しくなる訳じゃないですか。笑」

赤木「後々のライノスのスター(萬田氏)のことですよね。笑」

鈴木氏「その通りっす。笑 で僕の大学時代の同級生だったGINちゃん(Ba.萬田氏)SNSを通じて最近ベース買ったこととか知ってたんで、んじゃ誘ってみるか、ってなったことがライノスの始まりですね。」

赤木「おおー。そこから実際に曲で合わせてみたり…とかなっていったわけですね!」

萬田氏「そうそう、そんな感じです!」

赤木「なるほど、ちなみに作詞作曲はGt.&Vo.の鈴木さんとのことですが、曲作る際に意識してることやポイントなんかありますか?」

鈴木氏「んー、基本的にはだいたいサビ部分から作っていくんですが、今回1stCDに入っているボクノ絵なんかはイントロから作りましたねー。」

萬田氏「あ、赤木さんライノスTV見ました?」

赤木「もちろんですよ、だいぶ面白かったです(笑)」

鈴木氏「ありがとうございます(笑)YOUTUBEで最近ライノスTVという番組を始めたんですが、そこにもボクノ絵の誕生秘話について話されています。」

赤木「よければ皆さんもご覧くださいね!笑 またこれ各メンバー皆さんにお伺いしますが、影響を受けたり意識しているアーティストさんはいますか?」

萬田氏「僕は完全にGLAYJIROさん、unison square garden田淵さんのお2人ですかね!やっぱりライノスは3ピースバンドでボーカルとドラムが基本的に動けなくて、動けるのが自分だけなんでライブ中の動きは意識してしまいますね。」

鈴木氏「GINちゃんとかこないだのレコ発のライブで回りすぎってお客さんに突っ込まれてたもんな(笑)」

関矢氏「てか曲始まる前に謎に回るんやめません?笑」

萬田氏「それが俺のアイデンティティや!」

赤木「まあそれは薄々僕も感じてました笑 関矢さんは?」

関矢氏「僕ですか?僕はミスチルのドラマーの鈴木さんですね!」

鈴木氏「あーケンちゃんっぽい。僕はボーカルとして影響を受けてるのが2人いて、ラルクのhideさんと、エルレの細美さんですね。ギターは特にいないっす!笑」

赤木「おー皆さん割と好みが分かれてますね。あと皆さんが楽器を始めようと思われたきっかけなんかありますか?」

鈴木氏「僕に関しては従兄弟の兄ちゃんがアコギをやっていて、親戚間でXJAPANの紅のフレーズを継承し合うという謎の伝統があって…それが僕のギターの始まりですね。」

赤木「かなり謎いですね…笑」

関矢氏「僕は学生時代ずっと野球部だったんですが、そんな中文化祭で軽音部が校内ライブをしているのを見て影響されたことがきっかけですかね…」

萬田氏「僕もGLAYのライブを見に行ったことが今ベースをしている大きなきっかけですかね!」

赤木「皆さんやっぱり他の人の演奏やライブを見て影響されて…っていうのが多いですよね。また、初めて楽器を買いに行った時の思い出なんかあればお話しして下さい!」

鈴木氏「高1の冬にいいやつ買おうと思って、見た目にもこだわりがあったんですよね。黒いレスプールタイプで、ピックガードがないやつで。てかピックガードとかその時はなんか気に食わなかったんですよ、なに守りに入ってんねん攻めろや的な。笑」

赤木「鈴木少年はすごく好戦的だったんですね笑」

鈴木氏「そしてその見た目にマッチするものがある楽器屋さんで見つかって、これや!ってなり購入…って感じですね。」

赤木「関矢さんは?」

関矢氏「店員さんに聞いたら、スティックをぽいって渡されて『これで大丈夫や』って言われました。」

一同「(笑)」

赤木「まあ間違いはないかもですけど…笑 スネアやペダルなんかはどうされました?」

関矢氏「それも全部店員さんにお任せしました。」

萬田氏「ケンちゃんらしいな笑 僕も店員さんと一緒に選んだ覚えがありますね、初心者の頃って音とか分かんないんで見た目で好きな形なんか探して、あとはお財布と相談でしたね!」

赤木「ありがとうございます!では初心者の方に楽器選びのアドバイをしてあげるとしたら皆さんどういったアドバイスをされますか?」

鈴木氏「僕は他人の意見や言葉に流されず、自分でこれや!って思ったものに決めろってとこですかね。値段が高かろうと安かろうと自分の直感を信じたいです!」

萬田氏「僕はさっきも言ってましたが初心者で音とか分からなくても好きな見た目や色なんかを店員さんに伝えて自分に合ったのを紹介してもらうのがいいと思います。」

鈴木氏「ケンちゃんは?笑」

関矢氏「んーまずは店員さんに聞くことですね。

一同「(笑)」

鈴木氏「ストレートやな笑」

赤木「もはや定番の流れになりつつありますね笑 じゃあメンバーさんそれぞれ今使用されている機材や楽器の自慢をして下さい!」

f:id:shima_c_sennan:20160702202026j:plain

鈴木氏「僕はずっとライブで使用しているGibsonレスポールスペシャですね!出音が好きでそれこそ楽器屋さんで試奏した時にこれや!ってなりました。1年程前にクレジットで購入しました。」

f:id:shima_c_sennan:20160702202052j:plain

萬田氏「僕はこのHISTORYジャズベです!(SH-BJ4)赤木さんによく調整してもらってて、その時にもよく言われるんですが鳴りがどんどん変わっていくところが良くて好きです!」

赤木「そうそう、萬田さんのやつ日に日に鳴り方めっちゃ変わっていってるんですよね。よく弾きすぎやろ!って言ってます笑」

萬田氏「自分の彼女がどんどん自分好みに変わっていく的なやつですね。」

一同「うわ~!出た~!笑」

赤木「今日イチの名言出ましたね(どん引き)。じゃあ次は関矢さん!」

f:id:shima_c_sennan:20160702202128j:plain

関矢氏「マイスネアはチューニング次第でオールマイティに対応してくれるところがいいところですね。ロック・バラード・ポップスなど色々な表情出してくれるんですよ。」

赤木「なるほど、ありがとうございます。ではそんなライノスの皆さんにとって、音楽とは?!ってのが最後の質問です!語って下さい!」

鈴木氏「おおーきたかこういう系の質問!」

萬田氏「僕にとっては喋り下手な自分が唯一自分を出せる手段、ですかね。」

赤木「おお!面白い系の回答かと思えば真面目なご回答頂きました!」

鈴木氏「僕にとってはただただ『きっかけ』ですね。音楽をきっかけに色んな人と仲良くなれたし、自分次第で音楽をきっかけに色々な繋がりもできるし…みたいな。」

萬田氏「ケンちゃんは?(面白い回答来い!)」

関矢氏「えー…なんやろう…?うーん…?」

鈴木氏「ケンちゃんの答え絶対面白い。笑」

関矢氏「まあ、理由はわからないけど楽しいもの…ですかね。」

萬田氏「普通やん。笑」

鈴木氏「音楽はノリと勢いじゃないん?笑」

関矢氏「それは僕の人生っすね。」

鈴木氏「出た。(笑)」

赤木「楽しいお話ありがとうございました!笑 これにてインタビュー終了です!」

メンバー一同「ありがとうございました!」

あとがき

長いインタビュー記事をお読み頂きありがとうございます!

楽しんで頂けましたでしょうか?

f:id:shima_c_sennan:20160702202939j:plain

THE BLACK RHINOS1st CD『赤サイ』島村楽器泉南店のシマレココーナーにて絶賛販売中ですー!
視聴もできますので皆さん見に来て下さいね!

この記事を通じてTHE BLACK RHINOSさんのことを少しでも知り、好きになって頂ければ幸いです!

最後に集合写真パシャリ!でお別れです!

ありがとうございました~!


f:id:shima_c_sennan:20160702202554j:plain

赤木「ライブ・インタビューお疲れ様でした。」

メンバー「いえいえそんなそんな…」

f:id:shima_c_sennan:20160702202715j:plain

お問い合わせはこちら

店舗 イオンモール泉南
担当 赤木(あかぎ)
電話番号 072-480-4060
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.