島村楽器 イオンモールりんくう泉南店 シマブロ

島村楽器 イオンモールりんくう泉南店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

梅雨明け後にオススメなギターメンテナンス!

こんにちは!! ギターいじりが好きな中島です!!
日々色々なギターのメンテナンスを受けていますが、結構見かけるのが・・・・
の錆び&フレットのくすみや錆び!!

実は見た目以上に深刻な状況になりやすく、ギターの弾きやすさにも非常に影響するのはご存知でしょうか?

では、錆びてるとどうなるのか? 

フレットが削れやすくなる!?

錆びたフレットに錆びたが当たることで、フレットの減りが鬼の様に早くなります。
例えばツルツルの棒にツルツルの棒を当ててもスゥ~と滑りますよね? でも錆びていると表面は非常に細かいギザギザが沢山付いている状態!!

f:id:shima_c_sennan:20170722203827j:plain
図で表すとこんな感じです!(赤い所が錆びです!) 手書きなので下手くそですみません笑
例えるなら、のこぎり同士で擦るとどちらもボロボロになってしまうのと同じように、とフレットがお互いを削りあってる状態です!!

フレットの素材もそのほとんどがよりも柔らかい物で出来ています。 
普通の状態でも削れてしまうのでさらに拍車がかかったようなものです!!
フレット交換も出来ますが、費用も時間も掛かるので早目のケアをする事で費用も抑えられるでしょう!!

チョーキングがしにくい!?

ギターテクニックの1つでチョーキングがありますが、これもフレットやが錆びていると非常にやりにくくなります!!
上記と同じ理由で滑りにくくなる為、途中で止まったりが切れたりとメリットは無いですね!!

見た目が悪い!?

あとは純粋に見た目も汚れていると、ライブの時などもちょっとカッコ悪いですよね!!
でも金属パーツもピカピカにしておけば、「光ってていいじゃない♪」ってなる訳です笑
私自身も光ってるとつい目が行っちゃいます!! 


・・・と、簡単にこれだけのデメリットが考えられるんですね!!

そこで今回はとあるギターのフレットを磨いてました!!
ピカピカになるまでのご紹介です!

①フレットの状態確認!!

f:id:shima_c_sennan:20170720201212j:plain
今回のフレットはやや白く、くすんでますね。
この状態ならもう暫く持ちそうですが、早めにお手入れしようと思います。 
f:id:shima_c_sennan:20170720201229j:plain
しっかりとフレットの状態を確認します!! 
フレット浮きは起きていないか?どういった削れ方をしているか?など細かく確認していきます。
状態によってはこの時点でフレット交換をオススメされることもあります。

②フレットにマスキングを貼る!!

f:id:shima_c_sennan:20170720201238j:plain
f:id:shima_c_sennan:20170720201247j:plain
磨き作業に入る前の準備です!! フレットに隙間なくマスキングしていきます!!
私は指板の状態も考えてマスキングの粘着力を落としてから貼るようにしています。
また白色のバインティングですので、今回はそちらにもマスキングを貼りました。

③クロスにコンパウンドを浸け磨き、乾拭きをする!!

f:id:shima_c_sennan:20170720201355j:plain
クロスに少量のコンパウンドを浸けて磨きます!! 
写真を撮る前にバインティング側のマスキングは取りました‼ あまりにも汚れたので笑
f:id:shima_c_sennan:20170720201406j:plain
やり過ぎると必要以上にフレットを削ってしまう&摩擦熱でやけどの危険もありますので慎重に丁寧に磨きます!!
そのあとは綺麗なクロスで乾拭きしましょう!!
(今回はキョンセームクロスで仕上げました!!)

④新しいを張る!!

f:id:shima_c_sennan:20170720201437j:plain
f:id:shima_c_sennan:20170720201444j:plain
を張った後の写真ですが、どうでしょう? 
フレットにが映り込んでますね!! ピカピカです!

これでフレット磨きは終わりになります。 
大切な楽器ですのでこれからも長く使っていきたいですよね!! 
皆様もぜひ綺麗にしてみて下さい!! 

お問い合わせ

店舗 島村楽器 イオンモールりんくう泉南
担当 中島(なかしま)
電話番号 072-480-4060

私の事もスタッフ田中が書いてくれていますので良かったらご覧ください!!
sennan.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.