島村楽器 イオンモールりんくう泉南店 シマブロ

島村楽器 イオンモールりんくう泉南店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

真・漢ベーシスト道場!Vol.11 ~Darkglass Alpha Omega弾いてみたの巻~【動画あり】

f:id:shima_c_sennan:20170609192344p:plain

皆さま、オッス!

第10回記念(?)してまとめページなるものを作ってみました。

sennan.shimablo.com

これまでのアカギ軌跡(大げさ)を、嚙み締めつつ見て下さい。

…というところで今回も新製品ベース用エフェクターレビュー記事なのですが、今回は特にチカラが入っております。(精神的に)

何故かと言うと、今回ご紹介するエフェクターDarkglass ElectronicsAlpha Omega
アカギはこのエフェクターメーカー大好きなんです、ええ。

ではDarkglassについて少しばかり…。

Darkglass Electronics

f:id:shima_c_sennan:20170802215449p:plain
今やベーシストの中でも新たな定番となりつつあるベースエフェクターアンプメーカー
有名バンドさんのベーシストの足元の紹介なんかを見てみると中々の確率で入っていたりします。
現在ものすごく人気ではありますが、でもメーカーの名前を聞き出したのって最近だよな…と思いつつ調べてみたところ…

なんとメーカーとしての設立2009年!!

これにはアカギもびっくり仰天。

たった数年間でここまで知名度・製品クオリティを確立したメーカーは無かったのでは?と感じるほどです。

ちなみにDarkglass製品は全てフィンランド国内で製造されています。
1つ1つの製品の製造に時間を費やしていることと、その人気さから市場に出回る台数もそこまで多くなく品薄状態が続くこともしばしば…。

そんなこだわりこだわり抜いたベースエフェクターメーカーDarkglassですが今までの定番機種として…

B3K

f:id:shima_c_sennan:20170803210353j:plain

B7K

f:id:shima_c_sennan:20170803210410j:plain

B7K ultra

f:id:shima_c_sennan:20170803210425j:plain

などがありました。
ちなみにどの子もアカギ大好きですよ、ええ。

泉南には基本的に上の3機種揃っているのですが、この度(少し前ですが)発表された新機種Alpha Omegaを今回ご紹介しようと思います!

こんなやつです!

ででーん!

f:id:shima_c_sennan:20170803210716j:plain

f:id:shima_c_sennan:20170803210742j:plain


もうお店に入荷した時は跳んで喜びました!

もはや音うんぬんより見た目・筐体がかっこ良くてジャケ買い(!?)しそうでした

と言いつつも音は大事なので…もはや恒例になりつつありますが、今回も例にも漏れず動画撮ってみました~!

f:id:shima_c_sennan:20170803211102j:plain

使用機材

ベース MUSICMAN StingRay4/M/BK
アンプ Ampeg BA-108V2
カメラ ZOOM Q4(ライン録り)
リズム ZOOM B3n

今回いつもと異なるポイントが1点…それは…
アクティブベースを使用してみました!

しかもMUSICMANStingrayという男前なベースで挑んでみました。

特にこれと言った理由はなく、完全になんとなくなんですが…。

強いて言うならDarkglassって個人的にアクティブベース系とも相性が良いイメージがあり、特にこういったプリアンプ・歪み系だと歪みのノリが良くなる気がするので選んでみました!

では動画をドン!

いかがでしたか?

個人的な感想としましては…

  • 今までの定番のB7Kなどと確実に違うキャラクターではありますが、やっぱりDarkglassの音!という印象。
  • よくネットやSNS上でも言われていますが、α比較的キレイめな歪みΩ荒く激しい歪みという印象。これだけで幅広いサウンドメイクが可能ですよね。
  • サウンドを構築していくにあたって、筐体のトップ面に位置する2つのミニトグルスイッチであるGROWLBITEがかなりポイントです!GROWLベース域BITEハイミッド域あたりのブーストON/OFFというイメージ。
  • あと動画でどこまで伝わるかは分かりませんが、3バンドEQが意外にすごく優秀でした。上手く言えませんがベーシストにとって美味しい帯域をしっかりおさえてくれています!


という感じで、今回は終了にしたいと思います~!

お値段等はコチラをご参照下さい!


www.shimamura.co.jp



ではでは、今回も最後までご覧頂きありがとうございます!

さよならー!

お問い合わせ

店舗 島村楽器泉南
電話番号 072-480-4060
担当 赤木(あかぎ)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.